«
»

97年度の緊縮財政 楽観的見通しで大失敗

300

戦後70年 識者は語る(5)

元日銀理事、元衆議院議員 鈴木淑夫氏 (3)

 ――87年10月に起きたブラックマンデーは、ニューヨーク市場は株価、債券相場、ドルが下がるというトリプル安でした。

 世界大恐慌が起こるかもしれないということで、先進国は協調して、果敢な金融緩和と果敢なドル買いを行い、ドルのフリーフォールが止まる。世界恐慌は回避できた、政策協調の勝利だとしたが、この政策協調の勝利は日本にとっては、とんでもない敗北の始まりだった。

 日本経済は景気が回復して物価が上がっているのに、金利を上げてはいけないということになってしまったからです。それで起きたのが、バブルの発生です。ブラックマンデーが起きてから、日本はドルが強くなる89年まで金利を上げられなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。