«
»

北海道の歴史と文化を知る
ほっかいどう学(歴史・文化)を学ぶ会幹事長 井上和男氏に聞く

400

“学び”から交流の楽しさ実感

 生涯学習という言葉が使われて久しい。生涯かけて主体的に学習活動を続けていくことだが、行政も積極的に支援体制を構築している。そうした中で、北海道の歴史と文化を改めて勉強する市民団体がある。「ほっかいどう学(歴史・文化)を学ぶ会」(林芳男会長)がそれ。北海道の魅力、北海道の歴史や文化を知ることの意味などについて同会幹事長の井上和男氏に聞いた。 (聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

幕末から明治に劇的変化/開拓者の足跡に魅力と感動

稲作適さぬ土地でコメづくりに成功

 ――最初に「ほっかいどう学」と「ほっかいどう学を学ぶ会」の関連性、そして同会がつくられた経緯についてお話しください。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。