«
»

被災地復興で見直される神社 生田神社名誉宮司 加藤隆久氏に聞く

400

地域を支える神社の文化力

 東日本大震災の被災地では神事や祭りの復興が、被災者の人たちに力を与えている。阪神・淡路大震災で崩壊した社殿を再建し、「神社は地域のコミュニティーセンター」が持論の加藤隆久・生田神社名誉宮司もたびたび被災地を訪れ、復興支援に汗を流してきた。震災を機に見直されている神社の役割を、加藤名誉宮司に伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

祭りに精神的ケア効果/再生を通じて地域振興

鎮守の森は文化の総合体/地域の絆、再興のバネに

 ――東日本大震災の被災地支援を続けておられます。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。