«
»

生活に言及多かった江藤淳

菊田 均

人の生存を決める要素

文芸評論家 菊田 均

 新設の大学教員に採用が内定したところ、「学内では政治活動をしない」との誓約書の提出を求められた人物がいる。彼はしばし悩んだのち、誓約書の提出を拒否した。大学側は採用を取り消した。

 「学内では」という限定があるのだから、どうしても政治活動をしたければ学外でやればいいわけだし、「政治活動」の定義もアイマイだから、まずは誓約書を提出して教員の立場を確保し、その上で問題になった時点で改めて考える、という選択肢もあったのでは?と思った。

 「政治活動をしてはならない」という大学側の方針をいささか真剣に受け止めすぎたのではないか、とも思えた。で、彼をよく知る人物(別の大学の教員)に聞いてみたところ、「彼は生活に余裕があるから、そうした選択ができたのだろう」との回答。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。