«
»

石垣島移住20年、海と緑が心を癒やす

翻訳家 ゲアリ・ワイコフ氏

人格の広さ保ち仲良く あこがれた自然の中での生活

翻訳家 ゲアリ・ワイコフ氏に聞く

 日本の最南端、沖縄県八重山諸島の石垣島に暮らして20年のアメリカ人夫妻、翻訳家のゲアリ・ワイコフさん(65)とスーザンさん(64)。共にバハイ教徒で、英会話講師として来日し、山口県宇部市、熊本市、福岡県久留米市などを経て、2001年に移住して来た。東シナ海のマイビーチに続く1000坪の敷地に建てたアメリカ式の自宅で話を伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

お生まれは?

 1956年、オレゴン州コーバリス市です。同州生まれの父は当時、同市にあるオレゴン州立大学修士課程で、後に教授になりました。先祖はオランダから1608年、ニューアムステルダム、今のニューヨークに上陸し、ニューヨークにあるワイコフ・ファームハウス・ミュージアムは歴史的建造物になっています。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。