«
»

風土記に学ぶふるさとづくり 市谷亀岡八幡宮宮司 梶 謙治氏に聞く

400

郷土の良さ再発見し始めよう

 風土記(ふどき)は奈良時代初期の和銅6年(713)、元明天皇の詔により各国の国庁が自国の産物や地形、古伝説や地名の由来などを編纂(けんさん)し提出したもの。出雲はほぼ完本が、常陸・播磨・肥前・豊後の5カ国は一部欠損したものが現存する。今、風土記を読む意義を市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう)の梶謙治宮司に伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

書き込まれた豊かな風土/封建時代の地方興隆にも一役

国造りの一環として編纂/詳細な「出雲国風土記」

 ――風土記が編纂された目的は?

 全国をほぼ統一した大和朝廷が、各国の事情を調査し、地方統治の指針としたもので、朝廷に恭順の意を示した各地方勢力の地勢調査と言えよう。律令(りつりょう)制による国造りの一環として風土記は編纂されたもので、それ以前の古い伝承などが集められている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。