«
»

芸能人覚醒剤事件の波紋 日本薬物対策協会世話役 馬崎奈央氏に聞く

400

継続的な予防教育が必要

 人気男性デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者=本名・宮崎重明=らの覚せい剤取締法違反(所持)事件が連日メディアに取り上げられている。知名度のある芸能人による薬物乱用は若者への影響が懸念される中、興味本位の報道も見受けられる。学校での講演会などを通して、乱用防止活動を行っている日本薬物対策協会世話役の馬崎奈央さんに、事件報道に接する家庭での注意点などについて聞いた。

(聞き手=森田清策)

家庭で話し合う契機に/他人事でも特別な事件でもない

乱用で顕著な老化の進行/皺だらけの顔、骨や歯ボロボロに

 ――ASKA容疑者の事件が新聞、テレビ、週刊誌などで連日報道されていますが、どうみていますか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。