«
»

あらゆる産業を下支えするITの役割が拡大

あらゆる産業を下支えするITの役割が拡大

宜野湾市で「リゾテックおきなわ国際IT見本市」を開く

沖縄ITイノベーション戦略センター理事長 稲垣純一氏に聞く

 10月29日から11月1日まで、沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市)で国内外のITソリューション提供事業者と観光、宿泊、水産業、医療、福祉などの事業者との協力促進を図る第2回「ResorTech(リゾテック)おきなわ国際IT見本市」(主催:同見本市実行委員会)が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、あらゆる産業分野でITが果たす役割はますます大きくなる。実行委員長の稲垣純一・沖縄ITイノベーション戦略センター(ISCO)理事長に見本市の意義や沖縄IT産業の課題を聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――ISCOの設立目的、役割はどのようなものか。

 ISCOは沖縄県の官民が一体となって、ITイノベーションの実現により社会に貢献する機関として2018年に設立された県の外郭団体だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。