«
»

地域に愛される「首里城」を再建してほしい

地域に愛される「首里城」を再建してほしい

防災対策には覚悟が必要、交通渋滞や地元との隔たりなど課題が露呈

首里出身の新垣淑豊沖縄県会議員に聞く

 2019年10月31日未明、沖縄県那覇市の首里城正殿で火災が発生し、正殿や北殿、南殿など主要施設を焼失してから1年になる。首里地区の住民にとって首里城は象徴的な存在で、焼失した衝撃は大きい。首里出身の新垣淑豊県議に、首里城との地元の関わり方や防災、再建の在り方について聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――首里城火災の一報はどのように受けたか。

 県議会の視察で北陸を訪れていた時だった。視察を切り上げて沖縄に帰った。首里城の正殿が完成したのは1992年だが、首里城と一緒に成長したような感じはあった。今までそこにあり見慣れた建物がなくなっているという不思議な感覚を覚えた。

 ――地域住民にとって首里城はどのような存在か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。