«
»

空海がつなぐ日本と中国 高野山大学名誉教授霊宝館館長静慈圓師に聞く

400

四国八十八ヵ所霊場開闢1200年

 今年は空海が四国八十八カ所霊場を開いてから1200年に当たる。空海の原点は入唐にあると考えた静慈圓師は1984年、空海が804年に漂着した福州(赤岸鎮)から西安(青龍寺)まで2400キロを踏破し、それを「空海ロード」と名付けた。今、豊かになった中国で空海が信仰と思想の両面から見直されているという。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

日本を出て自分を開いていけ/高野山で研究する中国人も

密教のトップ恵果の継承者に/仏典解読へサンスクリット語学ぶ

 ――空海ロードを歩こうと思ったのは?

 長年、空海の書いたものを研究して気付いたのは、空海は入唐によって国際人になったというのに、空海以後の弟子や研究者の誰も、空海が命懸けでたどった道を行っていないことだ。その体験が空海に迫ることになると考え、行動を起こした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。