«
»

「朝鮮戦争の英雄」白善燁氏を偲ぶ

元空将 大串-康夫(おおくし・やすお)氏 1943年生まれ。防衛大学校卒。戦闘機パイロット。85年、防衛駐在官として渡韓。航空自衛隊・航空幕僚副長、航空総隊司令官(空将)などを歴任。

日韓の友好協力を体現

元空将 大串 康夫

 「朝鮮戦争の英雄」白善燁(ペク・ソニョプ)氏が7月10日、99歳で逝去した。白氏は韓国の救国、発展に尽くしただけでなく、日韓友好関係にも大きな貢献をした人物で、まさに立派な天寿を全うした人生だった。

 白氏との出会いは1985年、防衛駐在官としてソウルに赴任した時のこと。真っ先にごあいさつにお伺いした。初めてお会いした時は、物腰柔らかく私の話をよく聞かれ、自分の自慢話は一切されなかった。朝鮮戦争の英雄というより、「故郷のおじさん」に再会したような親しみを感じた。

 当時私は、南山(ナムサン)公園の外国人アパートに住んでいたが、梨泰院(イテウォン)の白氏宅とは目と鼻の先であった。散歩に出ては、よくお目にかかり自宅にも招かれ、貴重な話を聞かせていただいた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。