«
»

洋上風力で経済活性化へ

新潟県胎内市長  井畑明彦氏(いばた・あきひこ) 昭和36年、胎内市(旧中条町)生まれ。同54年、新潟県立中条高校卒業。同58年、中央大学法学部卒業と同時に旧中条町役場勤務。胎内市役所健康福祉課長、市民生活課長、総合政策課長を歴任。平成29年10月、胎内市長に就任。

シビック・プライド

新潟県胎内市長 井畑 明彦氏に聞く

 新潟県胎内市は山・川・海という美しい自然に恵まれた人口約3万人の市である。井畑明彦市長に、コロナ対策や、地域おこしの起爆剤として取り組んでいる洋上風力発電への思いを聞いた。

胎内市では6月下旬の時点でコロナ感染者は1人と最小限に抑えられました。

新潟市内に勤務されていた方でしたが、今は元気になられて良かったです。

市外への移動も自粛しようという動きがあったように聞いています。感染防止策をキチンとされたのですね。

 市外への移動自粛の呼び掛けは特別していませんが、新潟県内は首都圏との往来が盛んである土地柄でもなく、被害を抑えられたのは、行政の指導もさることながら、県民・市民の皆さま自ら気を付けてくださったのが大きい。引き続き、感染者が出ないようにしていきたい。

井畑市長は、この度のコロナ問題を通じて感じられたことは。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。