«
»

へき地校に教育の原点あり

かきざき・ひであき昭和36年9月生まれ。59年、道都大学社会福祉学部卒業。60年、北海道七恵養護学校おしま分校教諭として初赴任。平成22年、赤平市立茂尻小学校教頭。24年、芦別市立西芦別小学校校長。その後、胆振管内の三つの小学校の校長を務め、令和2年に洞爺湖町立洞爺湖温泉小学校校長として赴任する。平成30年度から全国へき地教育研究連盟会長に就任。

地域と深い関わり

全国へき地教育研究連盟会長 柿崎 秀顕氏に聞く

 人口減少に伴い教育現場にも少子化の波が襲う。地方の過疎化が進めば、町村合併や学校の統廃合が進む。その一方で、以前より「へき地に教育の原点がある」と呼ばれたへき地校教育に近年、注目が集まる。

 へき地・複式・小規模性をもったへき地校教育こそ教育の先端を走っていると説く全国へき地教育研究連盟の柿崎秀顕会長(洞爺湖町立洞爺湖温泉小学校校長)にその優位性などを聞いた。

(札幌支局・湯朝 肇)

近年、地方において小中学校の統廃合が進んでいますが、そもそもへき地校というのはどのような学校なのでしょうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。