«
»

英訳上橋作品が米国で文学賞受賞

(ひらの・キャシー)1957年カナダ生まれ。12歳でバハイ教に触れ、20歳で来日。国際基督教大学で文化人類学を学び、卒業後は土木会社で翻訳に携わる。その間、児童文学の翻訳も手がけ、東京バハイセンターで出会った建築家の夫と結婚し、子育てのため高松市に移住。荻原規子の『空色勾玉』、湯本香樹実の『夏の庭』、近藤麻理恵の『人生がときめく片づけの魔法』や上橋菜穂子の『精霊の守り人』『獣の奏者』などを英訳した。

文学が国境を超えて届いた

翻訳家・平野キャシーさんに聞く

 国際アンデルセン賞(2014年)を受賞した児童文学・ファンタジー作家で文化人類学者の上橋菜穂子さんの『獣の奏者』(講談社)が本年1月、米国図書館協会のヤングアダルト部門が優れたヤングアダルト「作品」に贈るマイケル・L・プリンツ賞(銀賞)を受賞した。同書を英訳したのがカナダ生まれで香川県高松市在住の翻訳家・平野キャシーさんに話を伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

受賞の感想は。

 日本語が原作の受賞は初めてで、翻訳書としてではなく純文学として受賞しました。上橋さんの作品の力がアメリカでも認められたことで、文学が国境を超えて人々に届いたことが一番の喜びです。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。