«
»

発明の原動力

さとう・かつお 昭和24(1949)年11月、北海道森町生まれ。43年、道立森高校を卒業後、東京の会社に入社。53年に企業を興す。59年、社団法人倫理研究所横浜市倫理法人会に入会。平成20年10月、北海道森町町長に就任(24年まで)。26年、システムジャパン・エナジー設立(31年に社名を大和システムズに変更)。

人の困っていることに着目

大和システムズ取締役会長 佐藤 克男氏に聞く

 大和システムズの佐藤克男取締役会長は、世界で初めて歌碑の前で歌が流れるシステムや節水機能付きの音楽が流れる女性トイレ用の「シャワー・ロボ」などを生み出した発明家だ。新たなものを生み出す原動力や日々の仕事に懸ける信念について尋ねた。 (聞き手=石井孝秀)

これまでさまざまな発明品を残しているが、どのような意識で発明に取り組んできたのか。

 これまでの世界になかったものを開発しようという意識をずっと持っていた。特にニーズがあるかどうか、例えばみんなが困っていることがあれば、そこに目を付ける。

 シャワー・ロボを開発した当時は水不足の問題が注目を集めていた。調べてみると、女性が使う水の量は多く、1人6~8リットルでいいところを20~30リットルも使っていた。なので、トイレに入ると音楽が流れ、用を足すと自動で水が流れるシステムを考えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。