«
»

横浜の女傑、富貴楼のお倉 元関東都市学会会長 横濱プロバス倶楽部副会長 中村實氏に聞く

400

明治の日本を支えた女子力

 坂本龍馬の妻お龍や木戸孝允の妻松子(幾松)など、幕末維新の志士たちを支えた女性たちは多い。明治新政府の政治がまだ安定しない時代、現在に続く料亭政治の場を提供することで、国づくりに一役買ったのが横浜富貴楼の女将お倉である。横浜の歴史に詳しい中村實(まこと)さんに、開港間もない横浜とお倉について伺った。(聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

断じて守った客の秘密/料亭政治の場として重宝

陸奥宗光、伊藤博文らが常客に/岩崎弥太郎に金の使い方説教

 ――料亭政治の始まりとされる横浜富貴楼を開いたお倉はどんな女性か。

 お倉(本名斎藤くら)の伝記を書いた澤地久枝は、伊藤博文が日本初の内閣の組閣時に閣僚候補者への使者を務めたことを挙げ「お倉が一代の女傑の名をほしいままにしたのは、この伊藤の公私両面にわたる機微な内情に通暁しているという世間の認識のせいである」と書いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。