«
»

世界に誇れる日本のデザイン

黒江美穂さん

需要に応え柔軟に進化

d47 MUSEUM館長 黒江 美穂さんに聞く

 「日本初のデザイン物産美術館」が、東京・渋谷のd47(でぃーよんなな) MUSEUM(渋谷ヒカリエ8階)にオープンして8年がすぎようとしている。「47都道府県をファッションで着る47展」を基軸に、日本が誇れる技術とモノについて同館館長の黒江美穂さんに聞いた。 (聞き手=伊藤志郎)

こちらのミュージアムでは、47都道府県の情報を、47台の展示台で見せる企画展示をメインに、さまざまな講演、実演販売、体験型ワークショップなどを開催していますね。

 ミュージアムは2012年に開館しました。90センチ角の47台の展示台で日本を俯瞰(ふかん)できるようにと生まれたのです。当時、デザインといえば、東京、大阪、福岡などのいわゆる都市部が主流で、ほかのエリアはほとんど見向きもされなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。