«
»

新型コロナウイルスの感染者3人止まりの沖縄

新型コロナウイルスの感染者3人止まりの沖縄

温暖な気候が幸いか 植物性化学物質の摂取も

琉球大学名誉教授 平良一彦氏に聞く

 沖縄県内で新型コロナウイルスの感染が確認された3人と長時間接触した「濃厚接触者」について県は4日、継続観察した43人すべての観察を終えたと発表した。横浜港発着のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客が多く下船した沖縄で感染者が少なかったのはなぜか。長年、沖縄本島北部の大宜味村の健康長寿について研究している平良一彦琉球大学名誉教授に聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

 ――新型コロナウイルスの感染が拡大しているが。

 パンデミックの様相を帯び、連日のマスコミ報道で国民の不安は高まっている。行政、教育、観光産業、民間企業など現場の混乱状態は極限に達した。こういう時こそ、冷静になり、可能な予防法を実践することが肝要だ。

 ウイルスが体に入らないよう防ぐのは当然だが、万が一ウイルスが体内に入り込んでもそれに負けない方法を考えないといけない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。