«
»

令和の天皇皇后両陛下と日本

加藤隆久氏

国民に寄り添い 平和に貢献

生田神社名誉宮司 加藤 隆久氏に聞く

 11月28日、天皇皇后両陛下に京都御所での茶会に招かれた加藤隆久・生田神社名誉宮司に、両陛下のご様子や兵庫県とのゆかりを伺った。神戸市中央区の生田神社(日置春文宮司)では11月、陛下のご即位を記念して、大嘗祭に関わるお供え物や祭具、装束類などの絵図を収録した江戸時代の「大嘗祭由加物雑器私図」をカラーで復刻した。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

お茶会での両陛下は。

 モーニング姿の天皇陛下は、水色のロングドレスの皇后陛下と大型テントの会場に入られ、参加者と歓談されました。両陛下のお健やかなお姿を拝し、誠にありがたく感激しました。

 皇后陛下は明るく自信に満ちて、その笑顔が陛下のなによりの原動力となっていることがうかがえます。令和の新たな旅路を、陛下は皇后陛下と力強く歩まれていかれるでしょう。

即位礼の一連の儀式が無事に終わりました。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。