«
»

中国の次の狙いは台湾、沖縄 台北駐那覇経済文化代表処 范振國処長

中国の次の狙いは? 対岸の火事ではない香港情勢

対岸の火事ではない香港情勢

台北駐那覇経済文化代表処 范振國処長に聞く

 台湾の総統選挙と立法委員(国会議員)選挙まであと1カ月となった。香港情勢が台湾の民意形成に大きく影響している。香港と台湾の情勢は沖縄と日本の安全保障に直結する問題だ。台北駐那覇経済文化代表処の范振國処長に総統選の行方や香港の大規模デモが与える影響について聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――台湾総統選と立法委員選挙が1月11日に行われる。どのような情勢か。

 総統選には3氏が出馬する。各種世論調査によると、現職で民進党の蔡英文氏が優勢だ。台湾の選挙は常に、中国との両岸関係に左右されている。台湾は中国とより親しくして経済依存をより強めるのか、あるいはその反対かという選択になる。独立か統一かという複雑な要素も絡み合う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。