ワシントン・タイムズ・ジャパン

天皇陛下と令和の皇室への希望

八幡和郎氏

日本を元気に 国民鼓舞を

評論家 八幡和郎氏聞く

 5月に皇位を継承された天皇陛下の即位の礼が行われるに当たり、評論家・作家で徳島文理大学教授の八幡和郎氏に、天皇陛下と皇室への期待や希望を聞いた。(聞き手=編集局長・藤橋 進)

即位の礼が行われ、いよいよ本格的に令和の時代が動きだすが、平成時代を振り返り、令和はどういう時代にすべきと考えるか。

 平成という時代は昭和の蓄積をほとんど使い果たすという時代だった。先進国の経済成長率は一般に低いが、平成の30年間、G20参加国で、GDP(国内総生産)が2倍にならなかったのは日本だけだ。成長率は年平均1・6%で北朝鮮並みの最低クラスだ。その反省のもとに心機一転頑張らないといけないと思う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。