«
»

万葉集は日本のバイブル

片岡寧豊さん

万葉人の生き方に学ぶ

万葉の花研究家 片岡 寧豊さんに聞く

 新元号の「令和」が『万葉集』から取られたことで、にわかに万葉集への関心が高まっている。奈良に在住し、万葉の花研究家として活躍している片岡寧豊(ねいほう)さんに、万葉人の生き方について伺った。 (聞き手=フリージャーナリスト・多田則明)

「令和」が『万葉集』から取られたのは、万葉の花研究家としていかがですか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。