«
»

生きた仏教が平和もたらす

佐々井秀嶺氏

インドで仏教復興

インドラ寺住職 ディクシャ・ブーミ(改宗広場)会長 佐々井 秀嶺氏に聞く

 インドは仏教発祥の地ながら、ヒンズー教の抑圧やイスラムのムガール帝国による300年間の支配によって仏教の火はいったん途絶えた。そのインドでの仏教再興に情熱を傾ける日本人僧侶がいる。天啓を受け1967年に、一文も持たずインドに入った佐々井秀嶺(しゅうれい)氏がそうだ。一つも寺がなかったナグプールに佐々井上人が関係する200以上もの寺がある、僧侶も随分と増やした。佐々井氏が会長を務める大改宗式典での仏教帰依者は、100万人に達する。一時帰国した佐々井氏に話を聞いた。 (聞き手=池永達夫、写真=小林久人)

生涯懸けて、インドで仏教復興に力を注いでいる。

 インドでの仏教再興には先達がいる。独立インドの最初の法務大臣アンベードカルだ。彼の出自は、不可触民だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。