«
»

混乱の香港、どう収拾

陳方安生氏

指導力改め真の一国二制度堅持を

香港政府元政務官 陳方安生氏

 1997年の中国返還直後の香港政府ナンバー2で内外から「香港の良心」と評される陳方安生(アンソン・チャン)元政務官(79)が29日、世界日報との単独インタビューに応じ、「一連の混乱収拾のためには逃亡犯条例の改正案の完全撤回と責任者である司法行政を統括する鄭若力司法官(序列4位)の辞任、デモ拘束者の特赦、独立委員会の設立による解決が急務」と述べ、香港トップの林鄭月娥行政長官には「指導力を改め、真の一国二制度を堅持せよ」と批判した。一問一答は以下の通り。(香港・深川耕治)

6月9日に100万人、16日には200万人、2週にわたって香港で最大規模のデモが起こった理由と背景は何か。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。