«
»

精神文化の基層を形成、北海道の縄文遺跡 伊達市噴火湾文化研究所所長 大島直行氏に聞く

400

 考古学が今、静かなブームになっている。北海道や北東北3県では、域内にある縄文遺跡群の世界文化遺産登録を目指し、登録推進運動を進めている。そうした中で伊達市噴火湾文化研究所の大島直行所長は縄文の世界は従来の考古学的なアプローチではなく、神話的な世界観を前提とし、心理学や文化人類学、脳科学など広い視点からでなければ読み解くことはできないと訴える。(聞き手=札幌支局・湯朝 肇)

縄文人が崇拝した「月」/生死、再生のシンボル

「津軽海峡文化圏」は縄文時代の礎を築く

 ――このたび、大島所長は「月と蛇と縄文人」(寿郎社)という本を出版されましたが、その経緯についてお話しください。

 私の長い考古学研究の中でドイツ人の日本学者ネリー・ナウマン(1922~2000年)との出会いは衝撃的でした。彼女との出会いは、私の考古学研究を百八十度転回させるほどのものでした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。