«
»

明治維新150周年 利己的資本主義克服する契機に

前野弘明氏

道徳が息づく経済活動へ 継承すべき伝統的価値

岩国市議会議員 前野弘明氏に聞く

 2018年は、明治元年(1868年)から満150年の年に当たる。各メディアはそれぞれ特集を組んだり、地方自治体ではゆかりの人物像を軸に式典やイベントをこなした。維新発祥の一つの地である山口県に在住する岩国市議会議員の前野弘明氏に、歴史が突き付けている「維新150年」の課題を聞いた。 (聞き手=池永達夫)

今年は明治維新150周年ということで、さまざまに論評されてきたが、維新発祥の地・山口から、どういうふうに見ているのか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。