«
»

天皇陛下「お気持ち」表明に思う

竹田恒泰氏

歴史省み衆議を尽くせ

作家 竹田恒泰

 天皇陛下のビデオメッセージによる、お気持ち表明を大きな驚きをもって拝聴した。天皇は非政治的であるという憲法上の大前提があり、陛下はこれまで皇室制度も含め政治向きな話は基本的にお話しにならなかった。ところが今回、天皇や皇室制度のあり方を議論するきっかけとなるような、相当踏み込んだことを仰った。

 幸いにしてまだ健康だが、このままだと加齢とともに象徴としての役目を果たすことが難しくなる、というのがお言葉の骨子。将来起こりうる問題を事前に国民にお示しになったのだ。

 ビデオメッセージを陛下が国民に発せられること自体が極めて重大なことだ。今何としてもこのことを国民に伝えなくてはいけないという切実なお気持ちが拝察される。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。