«
»

軍事費2%の責任果たせ、ロシアはNATOの「脅威」

ジョージ・ウィル

約束を守らない中国

米コラムニスト ジョージ・ウィル

 1995年、セルビア人がボスニアの国連職員らを軍事標的に拘束し、人間の盾とした時、米国務長官は戸惑っていた。ウォーレン・クリストファー氏は、「そこで起きている戦いは、完全に道理から外れている」と述べた。文明国家の政治家らは、平和的で合理的であることが国家の間では普通のことだという思い込みを持っていて、その逆の事象を目の当たりにするようなことがあると、少しずつ順応していくもののようだ。だが、合理的でないことは常に起きている。

◇楽観的なNATO

 2008年にロシアのプーチン大統領は、ロシア人分離独立派を支援するためにジョージアの南オセチアに派兵した。ジョージアが反撃すると、プーチン氏は、後に政治評論家、ロバート・ケーガン氏が伝えたように、「何万人もの兵力、戦闘機、黒海艦隊の部隊で本格的な侵攻」を行った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。