«
»

日韓首脳電話会談 文氏に安易な妥協は禁物だ

 菅義偉首相は就任後初めて韓国の文在寅大統領と約20分間にわたり電話会談した。菅首相は旧朝鮮半島出身労働者の徴用をめぐる判決で悪化している両国関係を改善させるよう、文氏にこの問題を放置せず、適切な対応を講じることを促した。

 言うべきことをしっかり伝えた姿勢は評価できる。日韓関係を揺るがすこの問題に真摯(しんし)に向き合おうとしない文氏に安易な妥協は禁物だ。

問題放置を正当化か

 日韓の首脳が会談するのは昨年12月、中国・成都で開かれた日中韓首脳会談の場で、安倍晋三前首相と文氏が会談して以来、約9カ月ぶりのことだ。一部では冷え込んだままだった両国関係が首相交代を機に改善の糸口を見いだすことへの期待もあったようだが、韓国が判決を盾に関係悪化の根本原因を素通りしたままでは何も変わらない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。