ワシントン・タイムズ・ジャパン

米国の先端技術狙う中国

ビル・ガーツ

 中国は、先端技術を手に入れるために米企業との協力を強めている。主要技術大国になるための取り組みの一環だ。

 米情報当局者は、このところの中国の米企業への接近について「全国的に推進する経済改革の一環として、米国の企業、研究機関との技術協力をいっそう強めようとしている」と分析。

 「中国は、国家主導の技術獲得への取り組みに対する懸念の打ち消しに躍起だ。技術の獲得によって、自国に有利な環境をつくり出し、技術移転を実行し、外国企業の中国市場への参入を制限し、米国などの企業に対抗しようとしているとみられているからだ」と指摘した。

 これに対しトランプ政権は、米国の技術を盗み出そうとする中国を阻止しようとしている。トランプ大統領は8月、中国による米国の知的財産権への侵害の調査を命じた。また、財務省の対米外国投資委員会(CFIUS)は、中国による米企業買収への規制を強化した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。