ワシントン・タイムズ・ジャパン

中国、北朝鮮にミサイル移動車両を売却

ビル・ガーツ

 中国軍は、ミサイル移動用トラックを提供するなど、北朝鮮のミサイル開発を支援している。4月に平壌で行われた軍事パレードで公開された潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)北極星1号(KN11)を搭載していたトラックは中国製だった。国連安保理の専門家委員会の報告から明らかになった。

 それによると「トラックの燃料タンクにはシノトラックのロゴが入り、2015年10月10日の軍事パレードに参加したシノトラック製12輪トラックに特徴が似ている」という。

 中国によるミサイル技術の北朝鮮への移転を同専門委が確認したのはこれが2例目。

 同委は13年6月に、中国が11年に6両から8両の移動式発射台(TEL)を売却したことを明らかにしている。中国の主要ミサイルメーカー、中国航天科工集団(CASIC)に属する三江特殊車両製のこの発射台は現在、北朝鮮初の移動式大陸間弾道ミサイル(ICBM)KN08に使用されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。