ワシントン・タイムズ・ジャパン

中国が新型コロナウイルス発生源の事実揉み消しに躍起

ビル・ガーツ氏

新型コロナの呼称「武漢ウイルス」に反発

 米政権でペンス副大統領と並ぶ対中強硬派のポンペオ米国務長官は最近、複数のインタビューで、世界で拡大を続ける新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」と呼び、中国の反感を買った。中国国内でも「武漢肺炎」という呼称が広く使用されているが、中国政府は、外国政府やマスコミに、世界保健機関(WHO)が命名した「COVID-19」の呼称を使用し、中国と関連付けないよう要求するキャンペーンを開始している。

 リベラル系メディアが中国政府に同調、ソーシャルメディアでは、武漢ウイルス、中国ウイルスなどと呼ぶ投稿が激しく非難されている。これらの表現の使用を「人種差別」と呼んだ記者もおり、中国のキャンペーンは一定の成果を挙げている。

 ポンペオ氏は6日、FOXニュースで、「昨年末に始まった武漢ウイルスを、政権は深刻に捉えている」と強調。新型コロナに関して「不完全な」情報しか提供していないと中国を非難した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。