«
»

防衛大臣の統率力 求められる卓越した人格

惜しい岡部陸幕長辞任

 「民信なくんば立たず」で、安倍内閣の支持が低下している。孔子が言ったように国民が信用しなくなれば国の政治は成り立たないのだ。このところの加計学園問題に加え、陸上自衛隊の南スーダンPKO派遣部隊の日報問題に対する国民の疑念が払拭(ふっしょく)されたとは到底思えない。

 中でもPKO日報問題では、日報の廃棄を巡る防衛省・自衛隊内の混乱が、端無(はしな)くもシビリアンコントロール(文民統制)の揺らぎを露呈してしまったことは、由々(ゆゆ)しき事態と言わざるを得ない。

 報道によれば陸自側は「陸自内に日報のデータが残っていたことを稲田前防衛相へ報告した」と言うのに、稲田氏は「陸自から日報が見つかったという報告があったとは認識していない」と頑(かたくな)に否定している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。