«
»

民主主義の一長一短 暴走や大衆迎合の恐れ

健全な世論で善導を

 日本では、民主主義が絶対と考えられているか? 民主主義とは、リーダー選出の一つの方法であり、民主主義が最良かを考えてみたい。

 アリストテレスの政治学に、国家体制には、①王制(君主制)、②貴族制、③共和制(民主制)、④僭主(せんしゅ)制(独裁)、⑤寡頭制、⑥民主制(衆愚政治)があるとされている。

 ①と④は君主制。②と④は貴族制。③と⑥は民主制である。

 君主制、貴族制、民主制でも、そのトップの権力者が善き政治を行えば、国民は幸福になるわけで、悪政を行えば国民は不幸になる。以上の六つの中でも、最初の三つ(①②③)の体制が正しいとされている。なぜなら公共の利益を考える体制のみが正しい政治体制であるからで、後半の三つは、その目的から外れて支配者の利益を求める国家体制だから間違っているわけだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。