«
»

ロシアとの戦略的対話 新関係は潔い4島返還で

孤立に追いやる米欧

 プーチン大統領の今年12月の来日が決定し、北方領土問題かつ今後の日露平和条約交渉の展開に我が国では大きな関心を呼んでいる。戦後70年以上たった今、両国の打開策に期待が集まる。

 ロシアは冷戦後、「疑念」と「トラウマ」の時代を過ごしてきた。プーチンが政権を取って以来、国内外において帝国ロシアの栄光の再建を狙っている。結果、ロシアはクリミア侵攻以降、欧州連合(EU)による経済制裁が原因だけではなく、直近ではシリア停戦停止でますます国際社会で孤立に追いやられている。

 例えば、EUとロシア間の「特別な関係」の難しさは一言でいうと「対話」だ。冷戦終了以来、EUとロシアの軌跡を辿(たど)ると、全く違う道を歩んでいる。国家の枠を超えた欧州統合を推進したジャン・モネ(1888~1979)はインテグレーションにより経済発展を目指した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。