«
»

ISのサイバージハード 政府、法執行機関、企業が連携を

パワフルなテロ戦略に

 過激派組織IS(以下IS)の国家樹立宣言(2014年6月29日)から1年半以上が経過した。ISによるテロ攻撃は引き続き今年のグローバルリスクに挙げられている。

 現在、国際世論に大きな影響を与えているのは、まさにISの持つパワフルなイメージにある。そのイメージを創り出して来たのは、21世紀のテクノロジーツールとサイバー空間を利用する“サイバージハード”と呼ばれる集団だ。信奉者たちによってイスラム教の敵として選別された人たちに対し、ISのテロ活動の概念を宣伝している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。