«
»

安保めぐる憲法論議 脅威対処の現実的答えを

間抜けな失策が目立つ

 またもや問題発言である。安全保障関連法案について「法的安定性は関係ない」と礒崎首相補佐官が講演で述べたことが物議を醸している。参院平和安全法制特別委員会に招致された礒崎氏は「大きな誤解を与えてしまった。大変申し訳なく思う」と陳謝し、発言を取り消した。しかし、民主党など野党各党は礒崎氏の更迭を求めるとともに安倍首相の任命責任を厳しく追及する構えだ。

 「ボーンヘッド(通常では考えられないような間抜けな失策)」はこればかりではない。その最たるものは6月4日の衆院憲法審査会の参考人質疑で、自民党が推薦した長谷部恭男・早大教授を含む3人の憲法学者が、安全保障関連法案を「憲法違反」と明言したことだ。自民党本部には「憲法学者が違憲だと言っているじゃないか」と批判の電話が殺到したというが当然であろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。