«
»

歴史や民俗から学ぶもの 神社の神事に畏怖畏敬を

政治や経済で汚すな

 東京浅草・鷲(おおとり)神社の「酉の市」がニュースになっている。この話題を耳にすると、私たち道産子もなぜか暮れの準備を意識する。

 酉の市は、そもそもは全国各地にある鷲神社の由緒正しき年中行事で、11月の酉の日に行われる祭りだ。今では多くの神社で開催され、縁起物の熊手を求め多くの人が押しかける。景気の浮揚に命運がかかる消費税値上げ問題を抱え、関係者のみならず私たち国民も、今年の熊手の売れ行きがいつの年にもまして気になるところだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。