ワシントン・タイムズ・ジャパン

「オール沖縄」の欺瞞性 地元マスコミが世論操作

元は「島ぐるみ闘争」

 沖縄県知事選挙(11月16日実施)に向け、有力な出馬予定候補者3名が9月半ばまでに出揃(そろ)った。

 保守・自民党陣営等の推す現職の仲井真弘多知事、共産・革新陣営が擁する那覇市長の翁長雄志氏、元国民新党の下地幹郎氏である。

 政策発表に先んじて3氏ともすでに選挙運動を本格化させており、県内9政党の動きと相まって沖縄はいま、熱い選挙モード全開の様相だ。

 さて、ここでは革新諸党派と、地元新聞2紙(琉球新報、沖縄タイムス)が知事選に乗じて口調を合わせ、盛んに喧伝している「オール沖縄」(沖縄はひとつ、一枚岩の意か)というフレーズを取り上げ、欺瞞(ぎまん)性を指摘してみたい。

 米軍普天間基地へのオスプレイ配備に対し、平成25年1月、配備中止と普天間基地の閉鎖等求める「建白書」が安倍晋三首相に届けられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。