«
»

世代交代する左翼論客 若年層に向けアプローチ

極左の暴力事件を擁護

 左翼知識人、左翼団体が運動を強化している。要注意である。特に、9月7日は沖縄統一地方選挙があり、沖縄県内の27の市町村と3町村の首長選挙が行われ、11月16日には沖縄県知事選挙が行われる。また、来春には全国で統一地方選挙が行われる。集団的自衛権の問題もからめて、左翼知識人、左翼団体の動きが活発化している。

 以前は、左翼知識人の代表は、大江健三郎氏、森村誠一氏、本多勝一氏、早乙女勝元氏、上野千鶴子氏らであったが、現在、左翼知識人の主力は、東大大学院教授で「九条の会」事務局長の小森陽一氏、東大教授で哲学者の高橋哲哉氏、憲法学者の伊藤真氏、聖学院大学学長で政治学者の姜尚中氏、精神科医の香山リカ氏、作家・社会運動家の雨宮処凛(あまみやかりん)氏らへと比較的若い人たちへと世代交代が進みつつある。彼らは、平和や差別反対、格差社会反対などを訴えながら勢力を浸透させている。安倍自民党政権倒閣へと気勢を上げている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。