«
»

ASEANフォーラムの教訓 外交力は軍事力に経済力

日本の提案を阻む中国

 アジア太平洋地域の安全保障問題を討議する「ASEAN地域フォーラム」(ARF。ミャンマーのネピドー。8月10日)にASEAN10カ国と日・中・米・露・韓・北朝鮮・インド・豪州・EU・カナダその他全27カ国・地域が参加。前日の外相会議で岸田外相は集団的自衛権は日本の安保政策に必須と説明し複数国が支持した。自国の安保にも“強い日本”の協力を期待する諸国の本音は支持だが、“中国への遠慮”で支持を控えた国が多かった。

 中国は21世紀以降、経済・軍事的覇権国として台頭し、世界各地域に経済進出中だが、東シナ海と南シナ海での強引な行動は、「外交力は軍事力」(ビスマルク独逸宰相の名言)の典型的例である。対日態度も90年代までの「経済大国日本熱烈歓迎」(日本の経済援助を期待)から次第に威圧的化し、尖閣諸島を中国領と主張しての頻繁な領海侵犯は既に周知だが、今年、中国は東シナ海に一方的に「防空識別圏」を設定。日米欧とアジア諸国が抗議中だが中国は応じない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。