«
»

憲法9条改正の真の目的、独立国の「かたち」整える

自衛隊は軍隊ではない

 「自衛隊は軍隊か?」と問われれば、おそらく多くの人が「イエス」と答えるだろう。

 しかし、正解は「ノー」である。自衛隊が軍隊ならば、憲法第9条改正は不要となる。

 なぜ、こうした誤った考え方が横行するのだろうか。

 その大きな原因は、学校教育の中で憲法と安全保障の基本問題を正確に教えてないからである。

 東京大学法学部出身の防衛省幹部によると「東大では『いかにして自衛隊をなくすか』について教えられた」という。驚くべきことに、これが最高学府の実態なのである。

 憲法第9条では、自分の国を守る権利(自衛権)が認められ、併せて戦争放棄、戦力不保持が規定されている。

 政府の第9条解釈は、「我が国が独立国である以上、憲法第9条は、主権国家としての我が国固有の自衛権を否定するものではない」というものである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。