«
»

共産主義の復活を許すな

 日本から共産党は消滅しようとしている。しかし、共産党は野党共闘を進めることによって復活を画策している。万が一、共産党の政権入りを容認する野党共闘が選挙で多数派となり、共産党が連立与党になれば、それだけで入党を希望する人も出てくる。日本共産党の復活を許してはならない。共産主義に対する戦いの手を緩めてはいけない。

 マルクスの著作はそこにある。将来にわたって誰でも読むことができる。いつ、マルクスの著作に触れた若者が、「マルクスに帰れ」をスローガンに、新マルクス派を名乗って共産主義思想を広めるか分からない。新カント学派、新プラトン学派の例などある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。