«
»

足利学校で学ぶ思いやり

 息子の案内で、栃木県足利市にある日本最古の学校と言われる史跡足利学校を訪ねたことがある。

 その昔、漢文を学ぶ若者たちが集まり、それを基礎に日本文化を築こうと志した日本最古の学問所と言われている。

 今から560年ほど前、時の関東管領上杉憲実(のりざね)が、この足利学校を再興し、その文章の中に、「三註・四書・六経・列・荘・老・史記・文選の外は、学校に於いて講ずべからざるの段、旧記に為(つく)るの上は、今更(あらた)めて之を禁ずるに及ばず。(以下略)」と言っている。

 すなわち、足利学校での学問は、中国の四庫(しこ)による書籍の全域にわたり、かつての中国学そのものであった、と同学校の記念館で求めた“論語抄”に記されている(編集・発行、足利市教育委員会=史跡足利学校事務所)。

 一冊買い求めて帰宅して読んでみた。昔懐かしい言葉が出てくる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。