«
»

中国のサイバー軍事利用

 米国国防情報局(DIA)が1月に出した中国軍事力報告書によると、人民解放軍(PLA)の指導部は敵側に匹敵する軍事力を誇っている。

 中国の2018年度軍事予算は2000億ドルを超え、02年比3倍の増額だ。2000年から06年までは年10%増、過去2年は5~7%増だった。

 同報告書には、米国の世界における軍事力の座を中国に明け渡すことはしないという焦りに加え、国家権力の中心にある中国国務院による政策の下、ビジネス、軍事、外交を統合する中国のアプローチにより現在の安全保障システムは崩壊するというジレンマが浮き彫りになっている。

 DIAは、中国の軍事近代化は大規模な世界規模の戦争を念頭に置いて行われたのではなく、むしろ地域への挑戦のためであり、地域の戦争につながると結論付けている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。