«
»

がん患者救う本庶氏の研究

 先月初め、テレビ画面にノーベル賞受賞が決まった本庶佑京都大特別教授(76)の喜びの笑顔が出た。

 がん免疫療法を一歩前進させたことによる医学生理学賞で、日本人としては2年ぶり、26人目のノーベル賞受賞者となった。

 “死病”と思われたがんの療法に一筋の灯火が点(とも)されたことになる。

 受賞発表を新聞で読み、その記事をバッグに入れて持ち歩いていた私は、改めてノーベル賞の授賞理由となった「オプジーボ」なるがん治療薬がどういうものか、その切り抜き記事を読み返した。小野薬品工業と米国のBMS(ブリストル・マイヤーズ・スクラップ)と協力して共同開発し、2014年に発表、多くのがん患者に光明をもたらしているという。

 この発表まで、私はがんは治らないもの、と思い続けていた。

 かつて、私を最初に7人の子を産み育ててくれた母は、58歳の若さで子宮がんでなくなった。その悲しみは消えることはない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。