«
»

軍事演習が示す中露関係

 9月初旬にモスクワからシベリア地方で行われたロシアの軍事演習「ボストーク2018」は、特筆すべき点が二つある。一つ目は30万人もの兵士が参加した冷戦以来の大規模なものであったこと。二つ目に初めて3200人もの中国人民解放軍を招き入れ、実質的に露中合同の軍事演習であったことだ。過去においては、例えばベラルーシなど正式な軍事同盟を結んでいる国との合同演習が常だった。

 また、同時期にウラジオストクでは東方経済フォーラムが開催されていた。習近平国家主席も出席、今年3回目のプーチン大統領との会談を行った。中国はこのたび、1000人を超える圧倒的人数でプレゼンスを見せ、ちなみに日本側からの参加者数はこの半分であった。

 ロシアは4年前、前回の軍事演習以来、経済・軍事とも台頭している中国との関係強化を図っていた。2015年には両国が互いにサイバー攻撃を行わないサイバーセキュリティー協定に調印している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。