«
»

過熱する情報戦争 露の意図的なサイバー攻撃

脅威に対応する米欧

 現在、ロシアを含め、政治的、法的、メディア、インテリジェンス、心理的かつサイバー戦争といった手段を利用することにより、自国の戦略目標を達成すべく、重要な情報戦争能力を高める国が目立つ。

 本稿ではロシアの歴史にも触れつつ、サイバーオペレーションの現在の状況について考察を述べたい。

 米国国防情報局(以下DIA)は昨年、ロシアの軍事力にかかる新たな報告書を発表した。(レーガン政権が1980年代に特に旧ソ連の脅威に焦点を当てた報告書を出し始めたのがきっかけ)。当報告書で、情報戦争はロシアにとって世界のトップに立つという野望を叶(かな)えるための手段だと述べている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。