«
»

米大統領アジア歴訪 北朝鮮の核にトランプ外交徹底

押し切られた習主席

 去る11月5日から7日にかけて米国のドナルド・トランプ大統領が来日し、安倍晋三首相と首脳会談を行った。これに先立つ3日から4日にかけては、われわれは同大統領のご令嬢にして補佐官たるイバンカ・トランプ氏のたおやかな姿も目にすることができた。その後、同大統領は7日の訪韓を経て、8日から9日には中国を訪れて習近平国家主席と会談し、さらにベトナムやフィリピンで開催される国際会議へと出席する。

 ところで、この時期にトランプ大統領がアジア諸国を歴訪する理由は、大きくいって二つある。最大の懸案は、言うまでもなく北朝鮮の核・ミサイル問題への対応であり、いま一つはアジア・太平洋地域の経済関係において米国の有利な立場を確立することである。

 こうした意図に従い、まず訪日して日米同盟の盤石さを世界に向けてアピールしつつ、有事支援の確約を取り付けると同時に、通商関係における日本の譲歩を要請したわけである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。