«
»

入り口に立った安保関連法

酒巻尚生氏

安保関連法と最近の東アジア情勢

世日クラブ

公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会会長 酒巻尚生氏

 世界は今、大きな揺らぎの時を迎えている。英国のEU(欧州連合)離脱、不安定な中東情勢、そして中国の国際法を無視した南シナ海の軍事基地化と尖閣諸島をめぐるわが国への度重なる挑発。

 一方、昨年9月、集団自衛権の限定的行使容認を含む安保法が成立した。緊張状態にある東アジアの中で日本の取るべき役割とは何か。北海道世日クラブ(会長、根本和雄・メンタルヘルスカウンセラー)は7月30日、公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会の酒巻尚生会長を招き、「安保関連法と最近の東アジア情勢」をテーマに講演会を開催。その要旨をまとめてみた。(札幌支局・湯朝肇)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。